« 道具に頼らない | Main | 金管楽器の息漏れの法則 »

July 27, 2005

クラリネット矯正治療後(2)

今日は、クラリネットの患者さんで10日前に矯正器具を外した学生さんが来た。矯正器具を外して次のチェックは通常1ヶ月後にしているのであるが、上の前歯の微調整のために来ることになっていた。
彼女は音大生で元はかなりの上顎前突であった。最初はアダプターを入れたのであるが、こんなに良いのなら歯列矯正して前歯を下げればもっと良いだろうと、音大合格後に矯正治療を始めた。普通だったらもう少し早く終了できたのだろうが、最後の仕上げの段階で上の前歯と下の前歯の間にちょうどマウスピースがおさまるくらいのギャップが出来てしまった。当然クラリネットを吹くと上の前歯が前方に出る力がかかるわけで、普通にアマチュアで吹いているくらいなら特に問題ないのだが、さすがに音大生で演奏時間も長いとなると影響が出るようである。顎間ゴム等頑張ってくれて、それでもほぼ2年間(標準かな)で終了することが出来た。
彼女の先生のアドバイスで矯正装置撤去と同時にアダプターを作製した。抜歯して矯正したので下の前歯は立っており、唇側の上方1/3ほどを薄めに被い、切縁部の高さが1mm程度の一般的なデザインである(4月27日のブログ参照)。歯並びが良いからといってアダプターは適応でないという訳ではないのである。ピアノのコントロールがしやすいのと、疲れないのでいくらでも吹けるというのがアダプターの効果ということであった。
歯科矯正終って音色が良くなったのもそうだけど、「リードが薄くなった」と言うので、あれ??と思ったのであるが(3月30日のブログ参照)、薄く感じるようになったということであった(つまり厚いリードが必要になった)。前歯が後ろに下がった分マウスピースの浅い部分をくわえるからであろう。やっぱりね、これは一つの法則にできるかも。
それで今日は彼女から希望した訳ではないが、元々の歯並びの関係で上の前歯の摩耗の仕方が左右で違うので調整することをすすめたのである。歯並びが普通以上に良いはずであるが、左上の中切歯を中心にくわえており(マウスピースが左に寄っている)首を少々左に傾けて吹いている。当然筋肉(特に大頬骨筋あたり)のバランスが左右で随分違う。最初は普通に吹いてもらって左右の中切歯に当たりが出るように調整したが、途中から意識的にマウスピースを中心に持ってきて真っ直ぐ構えて調整をした。すると音質ががらりと変わり明瞭な抜ける音となる。吹いてる方も楽だということである。それから音量も(「いくらでも大きい音が出そう」とのこと)。削ったのは0.数ミリといった程度。筋肉のバランスもほぼ左右対称になった。
楽器を真っ直ぐ真ん中でくわえることは、必ずしも必要でないかもしれないが、ほんの少しの調整で実現できるしイイこともあることを皆さんに知って欲しいと思う。
元々とてもまじめに楽器に取り組んでいる学生さんで、矯正器具を外しアダプターを入れて本当に嬉しそうだったし、今日の調整も喜んでくれて私も嬉しかったのでした。クラリネット、頑張ってね!!応援しているから。

|

« 道具に頼らない | Main | 金管楽器の息漏れの法則 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クラリネット矯正治療後(2):

« 道具に頼らない | Main | 金管楽器の息漏れの法則 »