« 宝くじ | Main | ネックレス »

June 18, 2005

さすがフランスの楽譜

今度の新響の演奏会はダフニスとクロエ全曲版なのだが、なんとなく今回はスコアを入手しなかったのだけど、諦めて購入(ドーバー版だけど)パート譜をチェックしたら間違いが多くてびっくり!!
フランス物の譜面の間違いはよくある話だけど、これはすごいヨ。管楽器は1番&2番、3番&4番と2段のパート譜が普通だけど、下の段にスラーが付いてない所は数知れず、その他に強弱記号が違うとかクレッシェンド/デクレッシェンドやスタッカートが落ちているとか>が逆に<になってるなんていう間違いが1つのパート譜に30くらい。今回使用するレンタル譜は、最近在京某有名オケが使って書込みが沢山してあるんだけど、それらの間違いの多くに気づかずに吹いていた模様。臨時記号も落ちていて多分違う音を本番で吹いていたに違いない。
完成から100年近く経ってここまで違っていて直ってないということは、世界中で間違ったまま演奏されているということか・・・。

お好きな方は是非聴きにきてくださいませ。ちゃんと合唱も付きます。
ご案内はこちら

|

« 宝くじ | Main | ネックレス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/4661203

Listed below are links to weblogs that reference さすがフランスの楽譜:

« 宝くじ | Main | ネックレス »