« アマチュアの練習方法 | Main | マンガ本を大人買い »

May 29, 2005

好き嫌い

今日は新響の練習が新宿村スタジオだった。新宿駅から歩くとかなりあってちょっとうんざりなのだが、今日、たまたまウチから近くの駅までトボトボ歩く途中で新宿村スタジオの最寄りバス停である「成子坂下」を通る路線があることを発見、本数少ないがラッキーなことにすぐ来たので早速乗る。なんだ近いじゃん。
早いもので本番まで後1ヶ月半となったが、大変である。普通にクラシックをやっていると、練習しないと(その譜面をさらうという意味で)音符が並ばないとか指や舌がついていかないという曲は滅多にないと思うのだが、今回は大変。今度の新響のプログラムは、矢代秋雄の交響曲とダフニスとクロエ全曲版という、ブラバンご用達の曲が並ぶ(もちろん、ウチはブラバンと違って両方全曲やりますが)。こういうダフクロみたいなのは若い子が必死こいてさらうのにピッタリなんだろうな、オバサンはどうもさらう気が起きなくて・・・。
朝から左の顎関節の周囲から後頭部にかけて痛くって、いわゆる顎関節症ってやつです。たぶん、昨晩の新響の練習のせいでしょう。今回は4番ホルン担当で、ミョーに低い音ばかりなのであります。私、下吹きするの嫌いなんです(ホルンでは2番4番担当を下吹きといいます、普通は専門的に下を吹く)。別に下吹きの面白さや重要性がわからないとかではないんだけど、単に顎が痛くなるから嫌いなんだよ〜〜〜。まあ、新しい楽器は103のくせに低音がイイ音するんだけど、やっぱり高い音の方が慣れてるし吹いた気がするし。でも、今日の練習の後は痛くなかったから、どうやら低い音吹いて酒が入ると痛くなるようだ(もちろん顎関節症は一つの原因で起るものではなく、数日前から肩凝りが悪化してたというのも重なったのでありますが)。低音域は顎が痛くなるのの他に困ったこととして、タンギングが大変。私はあんまり速い方ではないけど、今まではそれでもあまり困ったことはなかったのだが、さすがに低いと遅いのがさらに遅くなるみたいでついていけません。(解説:金管では音域や音量により顎の開き=歯の開きが変わり、低音域では顎を前下方に出すので口が広くなって舌を動かす距離が長くなる。)
今週からちゃんとメトロノームでさらいます。ゴメンなさ〜〜い。

|

« アマチュアの練習方法 | Main | マンガ本を大人買い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/4358549

Listed below are links to weblogs that reference 好き嫌い:

« アマチュアの練習方法 | Main | マンガ本を大人買い »