« 音程は愛情と好奇心 | Main | 木管用アダプターのデザイン »

April 23, 2005

ケースが届いた

新しい楽器のためにケースをどうしようか考えていた。いわゆる軽量ケース(普及しているギャラックスの物)は持っているのだが、パイプをノイネッカーにした時に入らなくなり、中身をノコギリで切って調整しているので、普通の103は入らないのである。一番に考えたのは、やはり楽器の無事。前の楽器のときはヘコさえ作らなければとあまり楽器の保全など考えなかったのでソフトケースとか革のケースとか使ってた時期もあったのだけど、某楽器工房で楽器が歪む話を聞き、それが楽器の状態に大きく影響し特にホルンはロータリー周囲が重いので楽器自体の重さで歪む、ケースの中で揺れるだけでもよくないと言われ、どこまで本当かわからないけど少なくとも今度は大事に扱おうと、大奮発してMBのにしようかと思ったのだけど、いろいろ調べたところMBよりもギャラックスの方がずっと軽いことがわかり新しいギャラックスのケースを買うことにしたのだ。私の家の最寄り駅から楽器屋の集まる新大久保まで2駅なので買いに行くのは普通の人より容易いのだけど、ネット(楽天)で買いました。多少安いし持ってきてくれるし、便利。
さっそく開けて楽器を入れてみる。前のタイプ(マジックテープで3カ所止める)のと違ってベルが不安定だし、これはしょうがないけど本体も隙間があるし、ちょっと心配。単に新しいタイプのベルの部分のクッションの設置の仕方次第なのかもしれないが。昔買って重くて使ってないトンプソンエディションのケースにしようかな、これはがっちり守ってくれそうな作り。でも、少なくともギャラックスの愛用者は大勢いるわけだし割切って使うか・・・迷うところである。1kg強の重さの差は大きいのだ。

|

« 音程は愛情と好奇心 | Main | 木管用アダプターのデザイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/3904173

Listed below are links to weblogs that reference ケースが届いた:

« 音程は愛情と好奇心 | Main | 木管用アダプターのデザイン »