« アマオケの選曲 | Main | 編みぐるみ »

March 07, 2005

整髪料

私は昼食は面倒だと診療室隣のすし屋の定食にすることが多い。ご飯、みそ汁、小鉢に焼き魚や刺身等10種類くらいから選べるが、2回に1回は鯖の塩焼きにしている。私は世の中の魚で一番美味いのは鯖だと(それが時には鰯や鮭に変わることもあるが)思っているのだ。ただ、そこはお客の回転を考えてか鯖を予め焼いておき注文があると焼き直すシステムである。今日は昼休みを利用して鍼に出かけるので、その前にかなり早めの昼食とした。ラッキーなことにちょうど鯖が焼き上がったところで、珍しく焼き立てを待たずに食べることができた。うん、オイチ〜〜。と少し食べた所で、老夫婦らしきお客が入り私の隣に座った。それが、オジサン、整髪料臭いのである。私の父親も同じ臭いの整髪料を使うことがあるが、それがあの年代のマナーか文化なのかもしれない。まだ他に客がいないんだから離れて座ってくれればいいのに〜〜。鼻で息をしないで食べることになり美味しさ半分以下であった。がっかり。
臭いといえば、いつも行く加賀屋はオジサンしか客がいないのであるが、この前ものすごい臭いオバサンが隣に座ってしまった。臭いの強いシャンプーを流し忘れたか、トイレの芳香剤を体にこぼしたか、という感じだったが、誰も教えてあげないんだろうか。もろに鼻をつまんで見せたが、あきらめてこっちが店を出て他の店で飲み直すはめになった。飲食店での臭いもつらいが、乗り物酔いをする私には乗り物での整髪料も辛い。高速バスなんかで隣に座られたら地獄である。タクシーでもたまに整髪料臭い運転手さんがいるが、私はすぐに窓を開ける。
楽器を吹いているときの臭いも勘弁して欲しい。昔ひどい気管支炎になって、ちょっとの刺激で咳が止まらない状態の時に隣のホルンが柑橘系の整髪料をつけてきたときは、お願いして練習前に頭を水洗いしてもらった(ゴメンヨ〜〜〜)。気管支炎でなくっても、オーケストラでは体に臭いのするものをつけてこないというのはマナーだと思う。十分息を吸えなくなっちゃうヨ。合唱の皆さんは、同じく息を吸うのに、そういう慣習がないのか、化粧臭い。ホルンは合唱のそばなもんでちょいと迷惑な時もある(特にこの前の第九の時は風邪で咳してたので)。特に本番は念入りに化粧をするようで・・・。

|

« アマオケの選曲 | Main | 編みぐるみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81132/3207301

Listed below are links to weblogs that reference 整髪料:

« アマオケの選曲 | Main | 編みぐるみ »