« 0.5mmで大違い(サックス編) | Main | 日本人のためのクラリネット奏法 »

March 02, 2005

歯を立てる

今日の最後の患者さんは、トランペットを吹いている方で、アマチュアながら上級者の部類だと思う。矯正治療を開始して1年半、来月には外すことができる。私は彼の治療がきっかけで、トランペットの人でも積極的に唇側(外側)にブラケットを付けて治療するようになった。それまではトロンボーン/チューバでは唇側に付けることがあっても、トランペット/ホルンはリンガル(内側)で治療していた。
元々歯だけ見るととても良い歯並びで矯正しようなんていう発想は普通しないだろうという状態であった。最初は上の前歯の長さを削りに来た。レントゲンを撮ると歯科矯正学上では上下前歯が標準よりも結構唇側に傾斜していたが、口唇閉鎖も楽にでき機能的にもなんら問題がないので、普通は矯正を勧めない。ウチではちょっとしか削らないもんだから(かどうかはわからないけど)よその歯科医院でエ゛〜〜というくらい前歯を削って、それでも納得いかなくて前歯を後退させるべく矯正に踏み切ったというわけである。
矯正治療中も彼は一貫して「もっと歯を立ててください」と言っていたが、あまり立たせすぎると上の前歯の歯槽部が下がらないもので普通に直したが、それでも下顎をちょっと前に出せば「教本通り」上下前歯の面がほぼ真直ぐになる角度になり、距離で言うと上の前歯で8mm程内側に入った。
まだ器具が唇側に付いているのでバテやすいが、とにかく楽に吹けるようになったのだそうである。装置を外すのが私も楽しみである。

さて、夜は久々にいつもの加賀屋に行く。連れが1時間遅れてきたのでそれまでに一人で煮込みを全部&マヨにまみれた卵サラダをほぼ全部食べてしまった。さらにはコンビニによってシュークリーム買って寝る前に食べてしまった。ヤバ・・・

|

« 0.5mmで大違い(サックス編) | Main | 日本人のためのクラリネット奏法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歯を立てる:

« 0.5mmで大違い(サックス編) | Main | 日本人のためのクラリネット奏法 »